風に舞う花びら

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
permalink 2006.08.22 Tuesday | permalink | - | -
長女と次女の素直な気持ちの表現の仕方の違い
家に帰ったら、机の上に下の娘から、、交換ノートではなく、じきじきに手紙が...。


おとうさんへ、だれかしってる?
おとうさんへ、よるにかえってくるからかなしいよね。
だから、ほんとさびしいよね。


だれかしってるというのは、きっと誰かわかるっていう意味だと思うけど(苦笑)。

下の娘は、嬉しい時、楽しい時、悲しい時、寂しい時。
素直に自分の気持ちを表現する。

真正面から向かってくる言葉や態度に、すごくうれしく思う反面、、照れくさくも感じる。
親として、失格かな(苦笑)。


上の娘も、たまに一人だけ遅くまで起きていて帰りを待ってくれてるときがある。
「遅くまで、起きてるけど、、どうしたの? 何かあった?」って聞くと。
上の娘なりに素直に言ってるつもりなのかもしれないが、「なんとなく、話たかったから」とか「なんとなく、寝れなかったから」っという答えが返ってくる。

上の娘は、素直に自分の気持ちを親にぶつけることは、あまりない。
とはいえ、ひとしきり話終えると、、「眠くなったから、もう、寝るね」って布団の中へ(笑)。


小さい頃からの接し方の違いなどで、こんなふうになってしまったのかもしれないけど。
上の娘と下の娘の違いも感じるたびに、それぞれへの育て方を間違ってるのかなって思ってしまう。

上の娘には、もう少しのびのびするように、少し離れた立場から接する。
下の娘には、もう少しかまって、下の娘とだけの時間を増やす。

って、最近、思ってるんだけど...、これが結構難しい。
二人にできるだけ、公平に接するのって、そもそも無理なんだろうか...。

っていうか、子どもにかまいすぎ?
 
permalink 2005.07.07 Thursday | permalink | comments(2) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
 
permalink 2006.08.22 Tuesday | permalink | - | -
COMMENTS
いやぁ〜〜・・・ほーんと いいお父さんですよね!!!
(感激)(;w;)

あたし自身の父が、本当にそっけないヒトだったので
ゆうさんのブログを読んでいると
こんなに娘のことを考えてくれている父親もいるのに・・・
って、ウチのダンナへの皮肉も含めて
なんだか嫉妬心すら感じてしまいます(⌒o⌒;A

娘二人・・って、想像するだけで大変そうだけど
一番必要なのは、「お父さん」が素直になることではないでしょうか?

平等に平等に・・・って無理をしてストレスにならないよう、時には一緒の目線に立ってお父さん自身も平等な待遇(?)を求めてみては?

あまりにお父さんが素敵すぎてアイドル化してしまうと
娘さん二人の間で「取り合い」状態になっちゃいますよね^^;
comment 2005/07/10 11:21 PM | ☆MIE☆
こんばんは、☆MIE☆さん。

ぜんぜん、いい父親じゃないです...。
いつも、反省ばかりで(苦笑)。

そうですね、やっぱり、自然が一番ですよね。

その時、その場に応じて、娘達と接するようにしてみます。
ありがとうございます。
comment 2005/07/13 10:11 PM | ゆう
POST A COMMENT









TRACKBACK URL FOR THIS ENTRY
http://mrf.jugem.cc/trackback/294
TRACKBACKS
素直な気持ち
「素直な気持ち」をキーワードに検索してみました。個々のテキストから私も素直な気持ちを分けてもらおうと思います。
| たのしい検索・ゆかいな検索 | 2006/06/21 6:45 AM |