風に舞う花びら

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
permalink 2006.08.22 Tuesday | permalink | - | -
いまどきの自然体験(前編)
自分が小さい頃も家の近くには自然のままの川はなく、コンクリートで区切られているドブ川しかなかった。
今、住んでいる所も自然のままの川なんて存在しないし、水辺で遊べる場所といえば、人口でつくったせせらぎがある程度。

近くの公園の人口のせせらぎは、夏になると子ども達がエビをとったり、結構楽しんでる。
せせらぎと言っても、水溜り?って感じだけど(笑)。


ほとんど、そういった箇所で遊ばせてなかったので、娘達にサンダルを履かせて、せせらぎのある公園に行ってみた。
親としては、わりと自然に近い形の場所の水辺で遊ばせる、あわよくば、、去年まで汚いといって入れなった箇所にも今年はガンガン入って遊べる子どもになってほしいと...。


上の娘と下の娘に、川の中にはいってみていいよって、服濡れても着替えもってきてるし、大丈夫だよって。

しかし、、下の娘はガンとして...。
「きたないから、やだ」

上の娘も...。
「うーん、病気にならない?」

やばい、、潔癖症じゃん、、これじゃ。

で、ガンガン自分ではいって、、ほら、、大丈夫だよ、、おいでっていう路線に変更した。

すると、上の娘が、、おそるおそるはいってきた。
前日まで雨がふっていたせいか、ある程度水の流れがあったため、自分が想像していたよりも冷たかった水、踏みしめる土が想像以上に柔らかかった事など、結構楽しかったようで、あちらこちらを歩きまわり始めた。
水草を眺めたり、アメンボを追いかけたり(笑)。

それを見ていた、下の娘も、、自分も入るといいはじめた。

娘達は、親の思惑通り、、最後には夢中になって、せせらぎの中の生き物をおそるおそる追い掛け回したり、水辺の草をあれやこれやとさわってみたり、結構楽しそうだった。
せせらぎの中の生き物にとっては迷惑だったろうけど(苦笑)。

あまりにも娘達が楽しそうだったので、より自然に近い箇所がないかと探したら、かなり近くにある森林公園に川の源流があってその付近に人口の小川アメニティが整備されていて、水辺で遊べるような箇所があった。
結局、遊べる箇所は人口だけど、川の源流を見るいい機会だし、休みが取れれば娘達と一緒にいくことを約束した、、休みが取れればと念をおしたけど(笑)。


参考になりそうな情報をいくつか渡して、上の娘に小川アメニティにいく計画を立ててみてといってみた。

・家からどうやっていくのか
・何時に家をでるのか
・持ち物は何が必要なのか
・服装はどうするのか
・お弁当はどうするのか
・おやつはどうするのか


それと、夏休みの自由課題は森林のことをいろいろと調べてみよっかっていってみた。


今日、帰ってみると、、娘達の部屋の窓に、たくさんのてるてる坊主がぶらさがっていた(笑)。
 
permalink 2005.07.13 Wednesday | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
 
permalink 2006.08.22 Tuesday | permalink | - | -
COMMENTS
POST A COMMENT









TRACKBACK URL FOR THIS ENTRY
http://mrf.jugem.cc/trackback/295
TRACKBACKS