風に舞う花びら

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
permalink 2006.08.22 Tuesday | permalink | - | -
ねぇ、Yes や No のあとに "," ってどうしているの?
公文で英語にかかわらず、今日するプリントは何を勉強するもので、何を理解しないといけないのか。
理解できなかったところはどこで、どうすれば理解することができるのか。

・まず、自分で調べる
・わからなければ、知ってる人にわかるまで教えてもらう

プリントをやって、間違えたところはどこで、どうすれば次から間違えないようになるか考える。

と上の娘にずっといってきた。

で、質問されたのが、、「ねぇ、Yes や No のあとに "," ってどうしているの?」だった。

うーん、中学のころはそういうもんだって教わったよ、ともいまさら言えず。
調べてもこれという答えがみつからないし、こまりはてている(苦笑)。

英語は、もともと単語ごとにスペースがなく、よみずらい書き方をしていたらしい。
それで、読みやすくするように、単語ごとにスペースをつけるようになって、さらに一文の最初は大文字で、最後はピリオドで区切るというようにかわっていったらしく。

さらに読みやすくするために、カンマで文章をくぎるようになったと、どこかのサイトで説明されていた。


親としては情けないけど、、うーん、英文法とはそういうもんだよって言うのは簡単だけど、納得のいく説明はできないなぁ(苦笑)。

まわりの英語の得意そうな人たちに聞いても、みんな一様に、そういうもんなんだよ、そう覚えるんだよって答えしかかえってこないし。


もうちょっと、調べてみるか...。

っていうか、公文で、そういう質問受け付けてくれよって個人的には思う。
インターネットっていう仕組みがあるんだから、公文に通っている子どもたちから、いろんな質問を受け付けて回答するような仕組みってあってもいいんじゃないのかなって。
 
permalink 2005.07.13 Wednesday | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
 
permalink 2006.08.22 Tuesday | permalink | - | -
COMMENTS
POST A COMMENT









TRACKBACK URL FOR THIS ENTRY
http://mrf.jugem.cc/trackback/296
TRACKBACKS