風に舞う花びら

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
permalink 2006.08.22 Tuesday | permalink | - | -
娘達からのサイン!?
たまに、早く帰ると我先にと今日あったことを伝えようとする娘達。

上の娘が話している最中でも、おかまいなしに「ねぇ、ねぇ、今日ね」といって自分の話を始める下の娘。
下の娘が話していて、少しでも話が詰まると、「あのねぇ」といって自分の話を始める上の娘。


その都度、「今、○○と話してるから、ちょっとまっててね」って説明。
ほかの家庭がよくわからないから、なんともいえないけど、これって普通の光景なんだろうか?

上の娘の話を聞いてると、自分が小学校でした、よかった事やほめられる事しか言わない気がする。
下の娘の話を聞いてると、自分が幼稚園でどんな遊びをしたか、誰にどんな意地悪をされたかを事細かにいってる気がする。

これって子ども達なりのなにかの合図じゃないのかなって、気がしてきた。


確かに上の子には、叱咤激励をかなりしてると思う。
逆に下の子には、上の子に手がかかっている分、面倒をみきれていない面があると思ってる。


自然体でとコメントにてアドバイスをいただいたのに...。


はぁ、ホント、子ども達のことも仕事も両立って難しいなぁ...。

うーん、むずかしいなぁ、やっぱ、一人で二人の子どもをみるのは無理なのかな。
仕事がいそがしいと、ついつい、聞いてるふりだけしちゃうしなぁ...。



話はかわるけど。

個人的には、子どもを育てていく上で子どもに教わった事が恥ずかしながらたくさんあるけど、子育てにさいた時間はけっして自分の人生や仕事においてマイナスではないと言えるだけの確信はある。

逆に言えば、それだけ人に接する際の度量や知識がなかったといえばそれまでだけど(笑)。


子どもを持って、強く感じたこと。

人の話を正しく全て聞いて、自分の思いを相手に全て正しく伝えること。
そして、人に教えるためには、自分が全てをしっていること。

注意してみると、これらが、日常社会でどれだけ出来ていないか、なぁなぁですまされているか(苦笑)。
 
permalink 2005.07.19 Tuesday | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
 
permalink 2006.08.22 Tuesday | permalink | - | -
COMMENTS
POST A COMMENT









TRACKBACK URL FOR THIS ENTRY
http://mrf.jugem.cc/trackback/299
TRACKBACKS