風に舞う花びら

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
permalink 2006.08.22 Tuesday | permalink | - | -
とけいの読み方と絵本:とけいのえほん
下の娘が3歳の頃に少し時計の読み方の勉強をはじめた。

その時に娘に教えた事といえば。

短い針は何時なのかを知らせてくれて、長い針は何分なのかを知らせてくれるんだよ。
長い針が一周すると、短い針はひとつだけ目盛りをすすむんだよ。
短い針が、数字の1のところにあれば1時なんだよ、数字の2のところにあれば2時なんだよ。

3歳の頃には、何時というのと何時30分程度しか、教えてなかった。

4歳になったことだし、そろそろ時計を読めるようにならないとってことで、再度時計の読み方の勉強をはじめた。

本人もやる気になってなのか、どうかわからないけど。
図書館で、とけいのえほんを見つけてきた。

これで、時計の勉強する!と自慢げに(笑)。


見開きで左側には時間にあわせた絵、そして右側には時計の針と何時としか書いてない。
しかし午前や午後、何時には何をしているのかなどイメージしやすいのかもしれない。

最後のページに書かれている文章を読んで、いい説明だなぁって感心した。

「じかんは、おじいちゃんも あかちゃんも ぼくも びょうどうです。じかんをかってにとめたり のばしたり ちぢめたりは、どんなひとでも できません。」
 
permalink 2005.11.24 Thursday | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
 
permalink 2006.08.22 Tuesday | permalink | - | -
COMMENTS
POST A COMMENT









TRACKBACK URL FOR THIS ENTRY
http://mrf.jugem.cc/trackback/308
TRACKBACKS